アイアンのオンプレーンスイングの確認方法

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイアンのオンプレーンスイングを確認しましょう。

最初は肩のポジションからです。

肩のポジションでの正しい手のポジションをしっかりと作る必要があります。

肩の前での正しいポジションができれば、正しいトップを作るのは簡単です。

実際にどのように作っていくか、どのようなポジションが正しいのか、動画で確認して下さい。

アドレスから手首を肩まで持ってきたときのポジション。

そこから身体が捻転されたトップのポジション。

正しいトップの位置を動画で確認して下さい。

悪い例を示します。

手首を肩まで持ってきたときに、背中側に位置しているときです。

このとき、シャフトは立ちすぎていることが多いです。

この状態からトップを作ってしまうと、シャフトがクロスしてしまいます。

逆に手首を肩まで持ってきたときに、手首が前に位置してしまうと、シャフトが寝てしまいます。

この状態からトップを作ってしまうと、シャフトが背中側に寝てしまいます。

このようにならないように、正しいポジションを作っていきます。

正しいポジションを作るための方法を紹介します。

胸にシャフトをあてがって下さい。

上体の前傾角度に対して、シャフトを垂直に回転して下さい。

背中を目標方向に向けるイメージで、捻転して下さい。

この状態から両肩の真ん中(首の前)に左腕を伸ばして下さい。

このとき、左腕が前に出すぎたり、背中側にいきすぎないようにして下さい。

左腕が首の前にくるようにして下さい。

左腕を首の前に持ってきたら、右腕を合わせて、グリップを作って下さい。

ここでグリップすることによって、肩の高さでの

両腕の位置を正しくセットすることができます。

この状態でクラブを握ると、シャフトの角度が正しくセットすることができます。

さらに捻転することによって、正しいトップを作ることができます。

もう一度説明させていただきます。

胸の前でシャフトをセットして、前傾角度に対して、シャフトを直角に捻転していきます。

左腕を首の前に伸ばして、シャフトを両手で握って下さい。

その状態からさらに捻転してトップを作って下さい。

イメージができたら、実際にボールを打ってみて下さい。

このように身体のセンターに腕があることを意識して、練習してみて下さい。

オンプレーンスイングができるようになってきます。

ゴルフの上達を願うには自宅で練習してください。

自宅で毎日少ない時間で結構です。

継続して練習することが大切です。

1日10分の自宅での練習があなたのゴルフを飛躍的に上達させます。

絶対に勝ちたい!見返してやりたいライバルに勝つためには、そして、100を切りたい、90を切りたい、シングルになるためには……

まずは1日自宅で10分の練習から始めてください。

絶対オススメのゴルフ自宅練習プログラムです。

応援しています

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

スポンサーリンク