パターとアプローチは一体~グリーン完全攻略メソッド~

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフで、18ホールイーブンで回ると、打たれるショットの数は72打です。

当然のことだと思われるかもしれません。

では、飛距離別で考えるとどうでしょう。
想像ができるかもしれませんが、72打のうち70%はピンから120y以内で打たれています。

何を言おうとしているか、想像できますよね?

「アプローチを重点的に練習すべきだ」

ということです。

でも、アプローチでいくら1~3m圏内に寄せても肝心のパターが入らなければ意味がありません。

逆に、パターにいくら自信があってもアプローチで1~3m圏内に寄せなければパーパットをコンスタントにカップインさせることはできません。

パターとアプローチは一体として考えるべきなのです。

その考え方に基づいて作成された教材です。

スポンサーリンク

グリーン完全攻略メソッド

実際、ツアープロの中でも300yを超えるティーショットを打つ人は多くありません。

恐らく260~280y位の飛距離がプロの中でも多いのではないでしょうか。

それもバックティからなので、セカンドショットの位置はアマチュアゴルファーとそれほど変わらないかもしれません。

それでもアンダーパーでラウンドしているのは、グリーン上とグリーン周りでの圧倒的な精度の高さによるものです。

繰り返しになりますが、70%はピンから120y以内で打たれています。

そして、パターの数は、全体スコアの40%を占めます。

スコア100の方だと、40打パッティングに費やすということになります。

40打÷18ホール=2.2打

ということは、3パットを4回している計算です。

3パットが2パットになるだけで、100は簡単に切れるようになります。

この教材では、

◆パーオンしたホールで確実に2パットで沈めるパター力

ロングパットの距離感、そして1~2mに寄せたショートパットを確実に沈めること。

これを身につけることで、パーオンしたホールでも3パットは激減します。

◆グリーンを外したホールではしっかり寄せて1パットの寄せワン力

100が切れないゴルファーのパーオン率は10%以下です。

グリーンを外したホールでいかにアプローチで1パット圏内の1~3m以内に寄せる技術。

そのパットをいかに1パットで沈めるかがもっとも大切です。

この二点を重点的に解説しています。

もし、あなたがまだアプローチ・パターをマスターしていなければ、ドライバーよりまず優先して練習をしてほしいと思っています。

なぜなら、アプローチの上達、パター数を30以内にすることの方が、ドライバーの300ヤードよりやるべき項目が少なく、早くて、簡単です。

セカンドでのリカバリー率が上がることで、安心してドライバーを打てるようになり、ドライバーの飛距離も向上するかもしれません。

全額返金保証付

もし、あなたがアグリーン周り完全攻略メソッドをご覧になり、実践したれども効果がなかったという場合、購入日より180日以内であれば、全額返金保証付きです。

結局、ゴルフはショートゲームが大切!

グリーン周り攻略は、ゴルフのスコアアップにはもっとも重要です。
寄せワンをとってしのいでいくことは、ドライバーで300y飛ばすような派手さはないかもしれません。

しかし、ここまで読んでくれているあなたは、十分アプローチ・パターの大切さを理解しているゴルファーでしょう。

グリーン周りを攻略できなければ、ゴルフのラウンド全体に大きな影響をもたらします。

グリーン周りからの寄せワンが取れなければ、セカンドショットでは必ず乗せなければいけないというプレッシャーがのしかかってきます。

セカンドショットが乗らなければ、ボギーになってしまう……

これは同時にドライバーショットにも影響してしまいます。

寄せワンがとれない=ドライバーもうまくいかないという方程式が成り立ってしまうのです。

アプローチは特別なショットではなく、フルスイングを小さくしたショットです。

アプローチをマスターすることで、あなたは同時にスイングもマスターできるのです。

また、パター上達は老若男女、ハンディなどは一切関係ありません。

誰でも実践でき、極めれば、誰でもプロ以上のパッティング力が身につきます!

この様に、グリーン周り攻略こそ、あなたのゴルフを革新させるものなのです。

早く、そして効率良くうまくなりたいなら

グリーン完全攻略メソッド

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう