ゴルフ初心者のための~絶対!100切りプロジェクト~

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そしてどうしてゴルファーの8割がスライサーなのか?

バックスイングは上体の捻転でスイングをつくります。

下半身はあまり回転させずに、上体を捻ってトップまでつくります。

その捻れをキープしたまま、下半身を先行させダウンスイングを開始します。

インパクトゾーンでは手元が減速しクラブヘッドが加速していきます。

そのクラブヘッドの加速で腕が伸ばされ大きなフォローが作られます。

前傾角、中心軸の流れが発生しないようにすると加速のスピードが上がります。

それは、体は中心に残ろうとする動きと、ヘッドは前方に動こうとする動きで体とクラブヘッドが引っ張り合う形になります。

このようにスイングできればフォローでヘッドは加速していきます。

この動きは飛距離が出る人は自然とできています。

距離が出ない人はこの部分ができていない場合が非常に多いです。

またスライスする人も同じです。

ゴルファーの80パーセントがスライサーと言われている原因はここにあります。

フォローでヘッドが加速せずに、手元が加速してしまいます。
どうしても綺麗にボールにヒットさせたいと思うと手先が先行してしまうのです。

初心者のほとんどは手先でボールを当てにいくのでスライスしてしまいます。

手元が加速することでヘッドは減速しフォローで振りきれなくなり、左肘が引けてしまったり、左脇が開いたり、体が手に引っ張られ起き上がったり、体がひらいてしまう原因をつくってしまいます。

このスイングのメカニズムを知っていればスライスを修正するのは本当に簡単です。

スポンサーリンク

100を切れない3つの原因

原因1.練習の仕方が分からない

練習場でやみくもに球を打つだけでは一向に上達できません。
しっかりとあなたの弱点に合わせた練習をする必要があります。

例えば、あなたがスライスに悩んでいたとしましょう。
ここでは、スライスを修正できるような練習ドリルを取り入れながら練習する必要があります。

スライスが出るから、フェースを返してみようなどしまうと、
スライスは修正できたとしても根本的な解決になっていないのでスライスが直ったとたん、 今度はフックに悩んでしまうでしょう。

どこかを直すと、またどこかが悪くなる。
この様なパターンは正しい練習方法ができていないからです。

原因2.コースマネージメントが出来ていない

プロやシングルプレーヤーでさえ、18ホールをラウンドする上で全ショットでナイスショットを打つことは不可能です。

納得ができるショットは1割、2割がいいところでしょう。

そしてミスショットで林の中にボールが行ってしまうなど、大たたきになりそうな場面にも遭遇することもあります。

しかし、上級者は、コースマネジメント(コース戦略)がしっかりできています。
大たたきをしないように、次のショットを考え、しっかり組み立てをしていきます。
OBが出そうなホールでもティーグランドの使い方などを工夫することで極限までミスをカバーしています。

原因3.コースの罠に気づかない

順調にラウンドしていても、突然、途中でやってきてしまう大たたきのホール。
それは、コースの罠にひっかかってしまっているからです。

「行ってもいい場所」「絶対に行ってはいけない場所」を把握しながら、その罠をしっかり回避する方法をとっていく必要があります。

シングルプレーヤーと100が切れない人の大きな違いはこの部分にあります。

こんな方は是非参加してください

1.100をまだ一度も切ったことがない方

2.100前後を行ったり来たりの方

3.将来、80台、そしてシングルプレーヤーを目指す方

4.スコアにこだわりた女性の方

5.練習を明確な目的をもってしっかりやりたい方

6.ショットだけでなく、コースマネージメントも学びたい方

7.どこかでいつも大たたきをしてしまう方

8.次のコンペで優勝し、みんなを驚かせたい方

全額返金保証

もし、あなたがこの『絶対!100切りプロジェクト』をご覧になり、 しっかり実践したけれども180日の期間内に3ヶ月(90日)の実績後、効果が得られなかった場合、全額返金付です。

絶対!100切りプロジェクト(公式サイト)

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう