パターフェイス面をインパクトでスクエアにする

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パター練習は、つい、つい、ストロークに注意が行ってしまい、インパクトでフェイス面をスクエアにすることを忘れがちです。

フェイス面をスクエアにするポイントは、以下の通りです。

・アドレスでフェイス面がスクエアになっているかボールにラインを書いて下さい。

打ち出す方向とボールのラインを合わせて、フェイス面とラインが直角になるようにして下さい。

・インパクトで、ボールの芯をフェイス面の芯で打つこと

芯を外してしまうと、フェイス面がインパクトでずれてしまうのです。

インパクトでは、ロフト角をキープして、フォロースルーを低くして下さい。

水平方向に芯を打ち抜くようにして下さい。

・アドレスでフォロースルーをイメージする

アドレスしたときに、ボールの先にヘッドをセットします。

理由は、フォロースルーの軌道、振り幅、フェイス面の向き、フィニッシュをイメージするためです。

・テンポに注意を向けると不安がなくなる

フェイス面がずれてしまう原因として、フォロースルーをとれていないことが挙げられます。

テンポに注意を向けることによって、素振りのスイング幅を実際のストロークで再現できるようになります。

・ヘッドアップ厳禁

ヘッドアップは、インパクトがずれる最大の原因です。

インパクトのあとは、少なくとも1~2秒は、頭を残して下さい。

・スパットを設定して、スパットを狙う

フェイス面をスパットに合わせて下さい。

スパットをボールの前方10~20?付近に設定して下さい。

設定したスパットにフェイス面を合わせて、ボールがスパットの上を通過するように、ストロークして下さい。

最後に、パターのインパクトのときに、フェイス面がスクエアにインパクトされているかどうか、そして、フェイス面をスクエアに作っていくための練習ドリルを紹介します。

カップに対して、フェイス面をまっすぐに合わせて下さい。

そして、ボールを2つ並べて下さい。

2つ並べたボールを同時にカップインして下さい。

フェイス面をスクエアにセットすることがポイントです。

詳しくは、動画をご覧下さい。

どこからでも寄せて、パーをとる!

そして確実なチャンスをパターでバーディーをとっていくスタイル。

飛ばそう飛ばそうと力んでばかりの負のスパイラルから、アプローチ・パターをマスターすることであなたのゴルフは激変するでしょう。

アプローチ・パターこそがゴルフのすべてなのです。

先ずは、グリーン完全攻略メソッドを試してください。

応援しています。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

スポンサーリンク