パッティングの方向性と安定練習ドリル

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パッティングの方向性を高めるためには、アドレスとストロークを見直すことが重要になってきます。

アドレスを静とするならば、ストロークは動です。

漠然とパッティング練習をするのではなく、目的を明確にした練習をすることが重要になってきます。

最初に、静のアドレスをマスターしましょう。

安定したアドレスをマスターするためには、下半身を安定させることが重要になってきます。

安定させるためには、単に前傾するだけでなく、インナーマッスルをトレーニングする必要があります。

スポンサーリンク

下半身を安定させるための空気椅子ドリルは効果的です。

・パターを横に持って、両手で握って下さい。
・椅子に座るように、腰を落として下さい。
・ひざの角度が直角になるまで、腰を落として下さい。
・そのポジションで静止します。
・その時に感じた下半身の緊張を感じながら、アドレスして下さい。

下半身に緊張感を持たせてアドレスします。

その状態をキープしてストロークすると、下半身を安定させることができます。

次に、ストロークをマスターする方法です。

ストロークしたい方向に沿って、クラブを2本平行に置いて下さい。

シャフト間の幅は、パターヘッドが通るぎりぎりの幅にして下さい。

シャフトにぶつからないように、パターヘッドをストレートに動かして下さい。

方向性を安定させるためには、これだけでは不十分です。
さらにインパクトのあとのフォローの形が重要になってきます。

インパクトで止めてしまうパンチショットをしてしまうと、インパクトでのフェイス面の方向で、転がる方向が極端に変わってしまいます。

フォロースルーが、ボールを転がしたいラインに向かって、出せていることが重要になってきます。

カップに向けてフォローを出していく練習ドリルを紹介します。

通常のアドレスを作っていただいて、バックスイングをしないで、フォローだけで、ボールを転がしてカップに入れて下さい。

ヘッドをカップインさせるイメージで、ヘッドを押し出して下さい。

この練習を続けると、方向性のブレがなくなってきます。

慣れてきたら、通常のストロークに戻して練習してみて下さい。

詳しくは、動画をご覧下さい。

どこからでも寄せて、パーをとる!

そして確実なチャンスをパターでバーディーをとっていくスタイル。

アプローチ・パターがあるという安心感からドライバーの力感もなくなります。

リラックスしたスイングで解き放つトライバーショットこそが、最大の飛距離アップ法になります。

飛ばそう飛ばそうと力んでばかりの負のスパイラルから、
アプローチ・パターをマスターすることであなたのゴルフは、正のスパイラルへと激変するでしょう。

アプローチ・パターこそがゴルフのすべてなのです。

先ずは、グリーン完全攻略メソッドを試してください。

応援しています。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう