ショートパットはストレートなストロークでカップの土手当て

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

苦手なショートパットを克服するパター練習ドリルを紹介します。

1mと6mのパットを例に考えてみましょう。
どんなゴルファーでも、打つ前に色々考えますね。

1mのパットのときは、入れたいと思います。
同時に外したらどうしようとも考えます。

一方、6mのパットになると、外したらどうしようと考えるより、
近くに寄せて、入ったらラッキーだと考えることが多いです。

外すことに対する不安は、劇的に少なくなります。
このような考えの違いが、ストロークに大きな影響を与えるのです。

スポンサーリンク

ショートパットは強めにヒット

ショートパットは、入るというイメージが重要になってきます。
入るイメージを作るためには、ボールをカップインさせる回数を多く作ることです。

ストレートラインを見つけて、そこからボールを入れる練習をして下さい。
10球打ったとしたら、10球連続で入れるつもりで練習して下さい。

アドレスチェック。
ストロークは、ストレート。
目の位置は、ボールの真上。
グリップは・・・
テークバックは・・・
というふうに、

さらにボールの転がりは・・・
スピードは・・・
カップにカッコーンと入る。

ここまで鮮明にイメージすると、入るイメージがはっきりと出てきます。

イメージが鮮明になってきたら、
次にストロークです。

ショートパットは緊張するものです。
緊張すると、まっすぐなストロークは、
なかなか難しいものです。

ところが、仮にテークバックがストレートでなくても、インパクトでフェース面がスクエアになっていれば、たいていのショートパットは、入るのです。

ストロークをストレートにしようと考えるよりは、パターの芯でボールの芯を打ち抜くことを考えて下さい。

ここで、ショートパット実践ドリルを紹介します。

カップから順番にボールを並べて下さい。
カップに近いボールからカップの土手に当てて、カップインさせて下さい。

カップに近いところからボールを打つことによって、入るイメージを植え付けることができます。

カップまでの距離が長くなっても、入るイメージを出てくるようになります。

カップに一番近いボールでも、油断しないで、ボールの芯を打つようにして下さい。

ストレートなストロークで、カップの土手に当てて下さい。
ボールを一列に並べていくので、フェイス面の向きを変えないようにして下さい。

詳しくは、動画をご覧下さい。


1日10球、10分の練習で必要な要素を全て含んだプログラムになっています。

スコアアップを望むのであれ”ITパッティング理論”が大変有効です。

応援しています。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう