スコアを伸ばすためにドライバーで大切なのはこれ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここに飛ぶドライバーと方向性が安定したドライバーがあります。

飛ぶドライバーは、飛距離が最大になるドライバー、280ヤードは軽く飛び、ただし方向性は安定しない。

方向性が安定したドライバーは、方向性が完璧に安定するドライバー、どんなに狭いフェアウェイでも外さない、飛距離は250ヤード。

あなたが欲しいのは、どちらですか?

私も、みなさんも両方欲しいですね!

280ヤードを飛ばせるのは気分が良いでしょうし、正確なドライバーショットを打てるのも魅力的です。

では、良いスコアでラウンドができるのはどちらでしょうか?

方向性が安定するドライバーです

良いスコアでラウンドできるのは、飛距離がでるドライバーではなく、方向性が安定するドライバーです。

コースが広くてOBがない、ラフが短くてバンカーもない、池もないコース。

そんな、広いだけのコースなら多少まがっても280ヤード飛んだ方が有利です。

セカンドのアイアンが短い番手で打てますから。

しかし、現実のコースはちがいます。

左右に曲がればトラブルが待っています、ラフ、バンカー、池、OBがあります。

深いラフでボールが沈めばウェッジで出すだけです。

OBになれば、3打目を打ちなおしです。

池に入れば、池の近くから3打目です。

バンカーに入れば、グリーンを狙うのは難しくなります。

30ヤードくらい飛距離がおちても、平らなフェアウェイからセカンドを必ず打てるなら、ゴルフはとっても簡単になります。

「短いコースはそうだけど、長いコースは飛距離が大切」

とあなたは思うかもしれません。

実は、そうでもないもです。

距離が長いということは、セカンドショットの距離が長くなります。

距離が長くても、セカンドショットが平らなフェアウェイなら、グリーンを狙えることが殆どです。

距離が長くて、ラフや、バンカーにつかまったら、グリーンに届く番手では打てません。

難しいコースになればなるほど、ドライバーで狙ったところに打てることが重要です。

飛ばすばかりがゴルフではない

むしろ不利になることも多いでしょう。

ドライバーが180ヤードしか飛ばないとしてもフェアウェイにあればスコアは崩れません。

深いラフに飛んだ230ヤードよりもスコアは良くなるでしょう。

良いスコアでラウンドをしたいなら飛距離も大切ですが「ドライバーの方向性アップ」も大切ですね。

「ドライバーで狙ったところに打つ」を目標にしたとき、あなたのゴルフは急激にレベルアップしますよ。

応援しています。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

スポンサーリンク